仕事・先輩紹介


業界未経験からの入社後

海外営業を志望し入社しましたが、当時は化学の知識もなく、英語が話せるわけではありませんでした。 元々営業経験があった為、入社後2-3ヵ月ほど先輩の営業に同行し、顧客との商談で出て来たキーワードを調べて勉強をして、先輩の顧客を引継ぎました。 その後も、直接お客様に今必要とされているものや困っていることなどを情報収集しながら商談していきました。 入社から2年間は福岡で勤務していましたが、機会があり、手を挙げて大阪に転勤しました。

現在の仕事は?

主に樹脂関連の商材を仕入れ・販売していますが、私は樹脂50%、派生商材50%と自分で開拓した商品を扱う割合も増えてきました。月1回は、中国・バンコクなど主にアジア圏に出張し、仕入候補企業との打合せや商談、見極め、販路開拓を行っています。 正直、海外まで出向いて無駄足になることもありますが、行かないと可能性も広がらないので自分でペースを作って出向くようにしています。会社も新しい事や前向きな動きに対して応援してくれるので、行き先も自分で調査し自由に開拓に赴いています。 財閥系やメーカー系に比べて独立系の為、フラットな組織というのも挑戦しやすい土壌があるのかと思います。

具体的に開拓した仕事とは

具体的な契約の例としては、ペイント溶剤の韓国メーカーとの日本での独占販売を取り付けました。現在は年間売上数億円の取引に成長し、契約も5年間継続中です。 樹脂の営業先で、塗装用ペイントの溶剤を欲していた顧客があり、当時国内では条件に合う製品がなかったため、仕入れ先を開拓。ちょうど韓国メーカーがペイント向け溶剤を作ろうとしていたタイミングだった為商談に赴きました。 そこで、日本の市場の状況や価格の相場など、どうやったら日本市場で売れるかといった情報をしっかりと伝え、製品開発を促しました。契約前の日本での販売実績・いち早くアプローチしたことを評価され独占契約に至りました。その後ももちろん、日本向けを優先的に生産してもらいながら、日本企業の生産拠点としての東南アジア進出に伴い3国間での取引にも拡がっています。

募集要項

ページの先頭へ戻る