直火式べ一パー養生装置

白華よさらば

白華よさらば

直火式べ一パー養生装置とは

天然ガスを直火で燃焼し、炭酸ガスリッチかつクリーンな排ガスを発生させ、 水分と温度をコントロールして、そのべ一パーを養生室に供給する装置です。

炭酸ガス、水分および熱を有するべ一パーを養生室に供給することによって、 理想的な養生雰囲気を得ることが出来ます。これは、べ一パーに含まれる水分と熱がコンクリートの硬化を促進し、 炭酸ガスを十分含んだべ一パーがコンクリートと接触することにより、 瞬時にしてその表面に厚い炭酸化層(炭酸カルシューム層)を形成します。 形成された炭酸化層がコンクリート表面の孔を埋めることにより、二次白華発生を極端に押さえることが出来ます。

べ一パー養生を行うことにより、単位セメント量の削減、ランニングコストの削減等、 総合的なコスト削減が可能となります。

本装置は、従来のスティーム養生の欠点を克服し、その利点はそのままで、 なおかつ、白華発生を極端に低減する効果を有する装置です。

形成された炭酸化層

形成された炭酸化層

直火式べ一パー養生装置

直火式べ一パー養生装置