HCA
商品名
HCA
化学名
9,10-ジヒドロ-9-オキサ -10-フォスファフェナントレン -10-オキサイド
Cas.NO.
35948-25-5

化審法 5-3777 EC.NO.252-813-7 TSCA 登録済み

物性

外観 白色粉末フレーク状
分子量 216
融点 118℃
沸点 400℃
引火点 206℃
密度 1.37g/ml
屈折率 1.645/25℃
既存化学物質 5-3777

推奨用途

難燃剤(オレフィン、ケトン、エポキシ等との反応型)
難燃剤原料
着色防止剤(ABS、AS、PP、フェノール樹脂、
アルキド樹脂等)
銅粉、鋼板の防錆剤金属キレート剤光学材料
有機活性剤(ハンダブラックス) 等

包装

  • 20Kg紙袋 450Kg,550Kgフレコン

化学的性質

開放状態で長時間放置すると、徐々に空気中の水分を吸収する事があります。
水分を吸収した物は再加熱により元の状態に戻ります。
150℃迄の温度では空気中の酸素とは反応しません。過酸化水素では沃素の存在下に酸化生成物を与えます。
その他の反応

用途

  1. 難燃剤

    オレフィン、ケトン、エポキシなどと反応性があり、様々な樹脂の反応型難燃剤、難燃剤原料として使用できます。また、安全性が非常に高く、ハロゲン代替の難燃剤、難燃剤原料として使用できます。

  2. プラスチックスの着色防止剤

    ABS樹脂、AS樹脂、ポリプロピレン、ポリスチレン、フェノール樹脂又はアルキド樹脂等の熱による着色防止に顕著な効果があります。特に一般にはフェノール系の安定剤と併用して良い結果が得られます。又、ある種のプラスチックスでは離型性が改善される事が判っています。

  3. エステル化反応時の着色防止剤

    パラトルエンスルホン酸などの酸触媒の存在でエステル化又はエステル交換反応を行わせるとひどく着色する事があります。このときHCA、EPOCLEANが存在スルト着色が最少におさえられます。

  4. 銅粉、銅板の防錆剤

    金属銅の防錆剤としての効果があります。 銅粉の導電塗料に添加しますと経時劣化を抑えるのに有効であります。

  5. 金属キレート剤

    金属とのキレート効果があり、様々な応用が期待できます。

  6. 光学材料

    屈折率が高く、様々な反応も容易なため、光学用途への応用が可能です。

  7. ハンダフラックス

    電子機器用ハンダ付ハンダフラックスの有機活性剤として有効です。

その他の事項

EINECS No. 2528137
ポリオレフィン等
衛生協議会ポジティブリスト
登録